メールではいいことだけを述べる

メールの特徴は、文字として残るということです。 恋人とケンカをしたとき、メールで悪口を書いてしまう人がいますが、 仲直りをしたあともその内容はずっと残りますよね。

日が経ってまたそのメールを見返したとき、 嫌な気持ちが再びふつふつとわき起こり、 次に喧嘩したときはさらに相手のことを嫌いになってしまうかもしれません。

これがもしビジネスだとどうなるでしょう。 もし何かメールで悪いことを書いてしまったら、 あとで謝罪してもいつまでも悪い印象を持たれ続けます。 いくら謝罪したとしても、 「この人はそういう人だ」という印象は覆すことができないでしょう。

どんなに親しいビジネス仲間であっても、友達ではない

仕事上でのやりとりは、相手は友達ではありませんから性格や人格のことはよく知りませんし、 あなたが何か悪いことをしてしまった場合、 それを許容される範囲も、通常よりかなり狭いです。

ですからビジネスにおいては、 感情的に会話すること自体がアウトなのです。

もし仕事上でメールで文句の一つでも書いてしまえば、 友達ではないビジネスパートナーは、あなたが意図している以上にその内容を重くとらえます。 なぜあなたがそのようなメールを送ったのか、あなたがどういう人格で、 どういう意図をもってメールをしたのか、文章をよく見返し、改善策を検討するはずです。

ですからもしあなたが感情的なメールばかり送っているような人材であるなら、 安定したビジネスはできませんから、それがきっかけで縁が切れてしまう可能性もあります。 ビジネスメールではどんなときも淡々と、 事実だけを端的に述べることが重要なのです。

上手なメール

良い内容はいつまでも残る

良い内容を書くと、その良い印象はいつまでも残ります。 これは仕事に限らず、個人的なことでも同じことが言えます。

ビジネスにおいてはパソコンでのメールが主流ですが、 個人では携帯のメールが主流です。 携帯メールはパソコンメールよりも何度も見返す人が多いので なおさら印象に残りやすいのです。

仕事でもプライベートでも、どんなときでもメールでは良いことだけの述べる習慣をつけておくことが、 他者との円滑なコミュニケーションをとる秘訣です。 何か悪い内容を伝えないとならない場合は、口頭にしましょう。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発