自分の目標路線を常にチェックする

本を買いたいのに花屋に行って一生懸命本を探している…。 大げさな表現ですが、これはよくあることです。 花屋には本は売られていないことに早く気付けばいいのですが、 気付かないうちは余計な頑張りで労力を費やし続けます。

たとえばスーパーごとの野菜の価格を比較したいとき

たとえば、町にある複数のスーパーごとの、 野菜の価格を比較したグラフを作りたいとします。 そうなれば、数字をきちんと正確に把握し、グラフも棒グラフがいいか、 円グラフがいいか、といったことを考えますよね。

それなのにグラフに華やかな色を使うとか、テンプレートにデザインを加えるだとか、 あまり重要でない要素ばかりに注力していると、 グラフはかえって見づらくなるばかりか、 本来の目的であるデータ集めがおろそかになったりして中途半端な仕上がりになります。

つまり力の入れどころがまちがっているのです。 本人はよかれと思ってやっているのに、 結果はみんなが求めているものとちがっていたら悲しいですよね。 こうしたことを防ぐためには、 目的の重要度をつけることが有効です。

重要なものから片づける

重要なものから片づけるようにするとズレは解消できます。

仕事の内容に重要度をつけこなす

まれに、この区分けの段階で間違ってしまう人がいるので、 新人社会人や、よく仕事がズレてるなんて言われる人は、 誰かにこの区分けを見てもらうといいでしょう。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発