社員にとっていい会社とは?

あなたの会社はどんな会社ですか? 業界によって少なからず違いはあると思いますが、 一般的に社員にとって居心地のいい会社とは、 様々な年齢の人が所属し、年功序列と実力主義の両方を合わせ持つ会社 です。

年功序列と実力主義の割合は、6:4のバランスがちょうどいいです。 どちらか一方だけが重視されてはいけません。これは、 基本的には年齢で決まっている社会だが、実力のある者は高待遇を認める という考え方です。 こうしたやり方をしていると、社員たちが安定します。

年功序列、実力主義6:4バランスはなぜよいのか

一般的に年齢が上になるほど様々なことを経験して人間としての中身も豊かになりますから、 マナーや良識、世の中の摂理、傾向といったことがわかってきます。

もちろん40歳、50歳をすぎても子供のような人はいますが、 大体は「年齢の高さ」と「人間としての中身の充実度」は比例しています。

なので、40代以降の人を重役に迎え、30代を中間職、20代を一般社員とする方が、 経済面と倫理面の、両方のバランスを考えた選択肢が選ばれやすくなり、 あまり理不尽なことが起きにくくなります。 そのために社員が安定するのです。

年功序列と実力主義

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発