会社への不満は改善策を添える

もしあなたが、あまりにも仕事ができない同僚Aさんと一緒に仕事をするようになった場合、 「Aさんは本当に仕事ができない人だからチームから外してください!」 なんて訴えても会社は聞き入れてもらえません。

こんなことを言ってしまえば、会社側からしてみれば何とか上手くやってほしいとしか思いませんし、むしろ訴えたことで、あなた自身が人間関係に問題を起こす人物であると判断されてしまい、 悪評価につながる可能性があります。

文句と提案はまったくの別物

「文句」はあなたの不平不満をぶつけるだけですが、 「提案」は会社の業務や職場環境を改善させる行為であり、 会社にとっては必要なこと です。 だから「提案」という形で会社に訴えれば、会社も耳を傾けてくれますし、 あなたの存在をアピールすることにもつながり、高評価へとつながります。

文句とアピール

改善策を交えて提案してみよう

上記の例でいうなら、 「Aさんは〇〇が得意なので、○○をやってもらうのはどうでしょうか?」 「私は〇〇が得意なので、今後はこちらの仕事を私にすべて任せてほしいです」 という具合に、 「なぜそうすべきなのか」「よりよくなるためにはこうすべき」 といった具合に「改善策」として打ち出します。

改善策は聞き入れてもらえることが多い

改善策という形で提案できるようになれば、 会社はたとえあなたの本心や思惑に気付いたとしても、 「検討しましょう」と耳を傾けてくれます。

このとき可能であれば、 「この施策を行えば、○○円の売上が見込めます」 というように具体的な数字を持ち出して話した方が上手くいきます。

相手は人間である

提案する相手は会社の人間であり、ロボットではありませんので、 同じ内容でも言い方を変えるだけで劇的に効果がちがうのです。 会社の一員であるあなたは、 あなたが楽になるための「訴え」ではなく、 会社がよくなるための「提案」をしなければならないのです。

会社に何か言いたいことがある人は、 今日からすこし言い方を工夫してみましょう。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発