PDCAサイクルの概念を元に自己啓発を行う

行動力が重要な理由 PDCAサイクルの考え方を元に自己啓発を行うと、 より目標を達成しやすくなります。

PDCAサイクルとは=業務を効率よく遂行するための概念

PLAN(計画)

目標に向けて計画をたてる

DO(実行)

計画したことを実行する

CHECK(評価)

実行したことの結果を分析・評価する

ACT(改善)

分析内容をもとに改善策を考える

PDCAサイクルとは、PLAN(計画)から始まり 、実行、評価、改善、と右回りに進んでいき、 最後の改善にきたら再び「計画」へ戻ります。

これを繰り返していくことによって業務を円滑・効率的に進めていくことができるとされており、 ビジネスの基本理論として考えられています。

普段の生活においても、このPDCAサイクルを取り入れると目標を達成しやすくなります。 PDCAサイクルは元々はビジネス上での概念ですが、たとえば婚活などにも活用できます。

以下は、婚活パーティで恋人を見つけようとする例をPDCAサイクルに当てはめたものです。

行動力が重要な理由

上記の内容は、誰にでもわかるよう「婚活」をテーマにしたため、 内容がやや簡単に思えますが、これをビジネスに当てはめてみると、 もうすこし内容は高度になるはずです。

ポイントは、最初のPLAN(計画)のときに、 自分の能力の範囲内でできる内容を書くことです。 いきなりハードルを上げると実行できなくなってしまうため、 まずは自分にクリアできる計画をたて、 実行してみて、そこから改善点を考えるようにしましょう。

頭ではわかっていても実際に実行できないのが人間です。 あなたに何か目標があるのなら、一度こうした内容を紙に書いてみるといいでしょう。 頭で考えるよりも紙に書いた方が、より目標が明確になります。

PDCAサイクルが進んでいるかチェック

自己啓発はPDCAサイクルを元にして行うと効果的です。 PDCAサイクルを知らない方は、まず以下からご覧ください。

PDCAサイクルとは

もしあなたの目標が実現できておらず、環境が変わらないのであれば、 それはPDCAサイクルがストップしてしまっていることを考えましょう。

たとえば「考えるだけで行動できていない」というタイプの人の多くは、 「計画」または「評価」のところで留まっています。

PDCAサイクル

自分がこのサイクルのどこかに留まっていることに気づけた人は、 もう改善できたも同然です。 次のステップに行けばよいだけのことなのですから。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発