面接でおもしろ話ができる?

もしあなたが転職を望んでいるのなら、 面接官を楽しませられるだけのコミュニケーションスキルを身につけましょう。

もしあなたに仕事に対するスキルがなかったとしても、 話し方が前向きでハツラツとしていて冗談が言えるような楽しい人材であれば、 会社は興味を持ってくれます。

面接はお見合いと同じ

面接というのは仕事仲間をあつめる行為ではありますが、 「この人と一緒に働いてみたい」と思わせることが何より重要なのです。

どんなに能力のある人でも、自分と合わないと感じる人や、 会社で問題を起こしそうだと判断される人は、 面接官は、絶対に、絶対に、採用しません。

スキルがない人は精神力で勝負する

5、6年も社会人をやってきた人ならば、 完全に何のスキルもないといった人はいないはずなので、 どんな小さなことでもよいですから、 自分がやってきたことを楽しく伝えられるように 話術を磨いてください。

スキルがあまりない人であれば、面接官だってそのことにはすぐに気づきます。 だからスキルがないのならば、これまで仕事を自信をもって一生懸命やってきたことを伝え、 今後スキルを身に着けたいという意向を見せるしかないのです。

楽しく話し、どんな環境でもスキルを伸ばしていく意欲が見せられれば、 「この人はスキルは少ないけど、今後大きく成長してくれそうだ」 という期待値をこめて採用してくれることがあります。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓

次はこちらの自己啓発